もっとヘッドシェイクしてくださいという感じ 中井久夫「こんなときわたしはどうしてきたか」


・面接のたびに薬の飲み心地を聞いています。
 飲み心地を問うのが精神科であり、飲んでいるかどうかをチェックするのは内科でしょう。

 

・カタレプシーの解けた患者さんが、
「自分が指一本動かしたとしたら、ひょっとしたら世界が壊れるかもしれない。
私は世界に責任を持たされてしまった。なぜか知らんけど。」
と言っていました。
私が、「指一本動かしてみたらどうなるかって思わなかった?」と聞いたら、
「そんなことして世界が壊れたらどうするんですか!」と言われたことがあります。


神田橋條治先生は「ほぉ」を500種類出せたようです。
テレビを見ながら相槌の練習をしていたと聞きました。


・「喜んで家族を入院させる人なんていませんよ。それを引き受けて、罪悪感を軽くするのがプロの仕事です。給料のうちです。」

 

・8歳で発病した方は、小学校の高学年でこんな経験をしています。担任の先生が『教科書をよく見ろ』と言った。
彼はあらん限りの力で見つめて、顔を上げた。そしたら世界が全部変わっていた、と。

 

・いい幻聴だってあります。私が東大分院にいたころ、幻聴の言うとおりに生きていって損しなかったという人がいました。
彼女は病気になってからずっと家の前を掃いていたのです。
あるとき牛乳配達のお兄ちゃんが通りかかったときに『あの人と結婚しなさい。』という声が聞こえたのだそうです。
で、結婚した。彼はダンプの運転手になりました。
気のいい人で、病院の窓から見ていると外からドーッとダンプが入ってくる。彼が彼女を連れてきているのです。
…いい夫婦だったですね。幻聴は医者も選んだそうです。光栄にも私を。

 

 

 


著者(81歳)が男性医師の腕を捻りあげる様子が連続写真で見れる。
そして巻末に精神保健いろは歌留多と中井先生のありがたい解説が付属している。

「る るるんるんの後ろにクルマ(あまり調子に乗っていると、危ない)」
「ぬ 濡れてもやがて乾く(まぁそういうことです)」
「そ そればかりはかわってやれない(この「それ」っていくつもありますよね)」
「ゑ 絵で表せば手っ取り早いこともある (ことばではわかりにくいこともあるよね)」

 

 

今を生きてる感じがあった。

 

 

こんなとき私はどうしてきたか (シリーズ ケアをひらく)