川の向こうで    モーム「女ごころ」

 

 

バイオリン弾きと恋に落ちた時点で読むのをやめたけれど、

モームが書いたんだし多分その後に色々あったんだろう。

 

  

女ごころ (ちくま文庫)