読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュレーディンガーを猫   シュレーディンガー「生命とは何か」

 

思うに、1944年というのがポイントで、

まだ遺伝子の本体が分かってなかった時代。
でも一方でマクロ遺伝学の知見は完成していた時代。
 

 


シュレーディンガーは
遺伝子の本体を数百の原子からなる単一の分子(非周期性結晶)と推測した。

そして、突然変異の導入は、原子の熱運動による結晶の異性体的変化と考えた。


・遺伝子のX線に対する反応
・遺伝子の高度な安定性
・突然変異の不連続性

だとか説明してる。不連続性ってのは確かに量子力学っぽい。


エピローグは一転して哲学的

決定論と自由意志について書いている。


訳者あとがきは、女性のオーガスムスと禅の瞑想にみられる大脳生理的な共通点について書いてある(極めて謎)

前半は一般向けの講演というだけあって、細胞分裂とは何か・遺伝とは何か・染色体とは何か、と順番に話が進んで、フムフムできるし、読んでよかったと思う。

ちなみに猫の話は一切出てこなかった。

 

 

おわり