ナッシュビルの街  青柳清隆 「黒人大学留学記」

 
 
'56-'58と'62の訪米(ナッシュビル)を通した見聞記。'64に出版。
アマゾン的には絶版みたい。

この頃の北部都市の様子は何冊か(マルコムXとか)で読んだことあったけど
田舎の様子は新鮮だった。
... 読み物としても、特に政治的な本じゃなかったし、面白かったと思う。
 
 
'64といえばワシントン大行進でディランがblowin' in the windを歌った年です。
 
アメリカで初めて“黒人人口が白人人口を上回った都市”はワシントン(60年)らしいんだけど、それに触れて、

“将来、黒人の政治意識がたかまり、その意見が組織化されるようになれば、自由の国アメリカを標榜するこのワシントン特別区行政の最高職に黒人が登場するかもしれない”
 
 

おわり