気仙沼日記8日目

精神科医に向けて書きます

 

・山村を回診する。一つの山に一軒の家があるくらいの人口密度。

 

・そういう中に、いわゆる「濃厚家系」がいる。全員が未治療。

 

・積んである紙束にword saladが出ている、部屋は乱雑、体調の変化を尋ねても「どうだったかなアハハ」としか言わないが、薬の足りない日数は分かっている。

 

・処方されるのは、降圧剤とベシケアとか。定期薬。

 

・往診医(極めて優秀な内科医)は、「統合失調症って妄想とか幻聴が聞こえるのでしょ、あの人はそういうこと言わないよ。たしかに変わってるけど。」

 

・食料はときどき山を下りてドラッグストアで買っているらしい。あとは往診のときにエンシュアを要求したりする。

 

・彼らはニコニコして生活している。

 

 

これが世田谷だったら、「ゴミ屋敷」「不潔だ」と通報され、

保健所から頼んでもいないのに「アウトリーチ」の人間が

どかどかと部屋に入ってきて、

少しでも声を出そうものなら強制入院(措置かな)になるのだろう。

 

おそらくは「薬物反応性」もすごく悪いし、

ケースワークも難渋して、

措置をとる病院を三か月で追い出されたら、

民間の精神科病院で、おそらく死ぬまで体幹拘束だろう。

 

ーーーーーー

 

シゾフレニアが問題になるのは

(対象者と医療者が両方含まれるところの)生活空間がorganizedでsocialであり、

かつそれ以外に排他的であるからで、

「解体」や「自閉」それ自体は生活姿勢として完結している。

 

「悪さをする隣人」というのも、

隣人概念が極端に薄いこの土地で生じるかどうか。

 

 

なによりそこの人たちはごく自然に生活している。

一番苦しんでいるのは本人である、という詭弁も、とても通用しない。

 

矯正から抜け出ないといけない。

気仙沼日記 3日目

 

・港のほう(市街地)に行ってきた。

 

・初めての土地でも海の方角がわかってしまった。前世はウミネコなのかもしれない。

 

気仙沼中学校が運動会をやっていた。「気中」と略すようだが読み方がわからない。やはり、「けちゅう」だろうか。

 

・プレハブ小屋で営業している寿司屋で昼食。味は普通。

 

・歩いていると、コンクリートとか鉄柱とか、曲がったまま立っている。自分にとってそれらは変形しないもののカテゴリにあるものなので、不気味。「猫ってみんないつかは死ぬと思ってたでしょ?でもね、この猫は死なないんですよ」と言われた感じ。

 

・防潮堤を作っているのか海が見えない。砂丘みたいになってる。

 

・在来線は線路が壊滅したので、線路の上からアスファルト敷いてバス専用道路にしたとのこと。それでそのバスを電車みたいに運行してる。

 

・鰹節ならぬ鮫節を売っていた。買わなかったけど。

気仙沼日記 2日目

 

・自己紹介(名字)したら「覚えやすい」と言われた。初めての体験。意義不明。

 

・往診にでると、陸橋が崩れかけてて、そこから線路がぶら下がったままになっている。

 

・「危ない」という話にはならないのだろう。その一帯は津波に洗われて、その残骸以外は何もなかった。

 

・田舎の家は立派な構えだ。お屋敷、と呼びたくなる。

 

・そこでは寝たきりの高齢者が、こぎれいにしている。暗い、狭い部屋に面倒な代物として置かれているのではなく、家族の一員として家に住んでいる。

 

不眠症が増えている、と。あとはデパス3mg分3とレボトミン25mg飲んでる80歳とか。大変な量だ。(抗精神病薬の量で苦悩を測るのもどうかと思うが)

 

・高齢者はともかく若い人たちはどうしてんだろう。

 

 

町全体が小動物のようだ。

海水を被ったはずなのに田畑が青いことにその印象を強くする。

それと空がすごく広い。

 

筑波山いってきた

 

天気もいいので、

眺めが良いらしい筑波山に行こうと思い立った。

 

グーグルで調べると

つくばエクスプレスつくば駅→シャトルバス(40分)で登山口、とのこと。

 

私はSuicaと千円札一枚もって出掛けた。

 

 

 

つくば駅に到着。

 

シャトルバス乗り場へ。

 

「片道740円、ICカード使用不可

 

 

仕方ないから遠くに見える筑波山に向かって歩きはじめた。

 

が、バスで40分かかるらしい。無理だろ。

 

仕方ないからタクシーで行こうと手を上げても、

 

運転手「いや、うちはSuicaとかダメなんだよね、ごめんね」

 

おいおいどうしたテクノロジー先端都市じゃないのか筑波は。

 

ただの乾燥した平地じゃないか。

 

 

しかたないから途中にあった筑波植物園を観て帰ってきた。

 

イランイランの木を50代の夫婦が見つめていました。

 

遙かなり筑波山

 

 

 

2015年4月から読んだ本

・なだいなだ 権威と権力

権力的な体制を変えるには、倒すのではなく、

ぼくはそんなの知らないよ、となるしかないよねという話。良い。

 

河合隼雄 コンプレックス

印象に残らず

 

・遠山啓 数学入門(上)

聖書の「産めよ増やせよ」の英訳、

「Be fruitful, and multiply」であるのを知った。

(わざわざ下線が引いてある)

 

三島由紀夫 行動学入門

暑苦しい

 

田山花袋 温泉めぐり

とてもよい。別府温泉が轟々と湯が湧き出る雄壮な湯場とのこと。

行きたい。

ただ私の地元を日本で一番文化が届かないところと書いてある。

温泉は褒めていた。

伊香保もよい。

とりあえずは来年熱海に行きたい

 

大江健三郎 自選短編

分厚い。文庫にする必要があったのか。

セブンティーンを初めて読めた。ある政治少年の死、もそのうち読みたい。

 

マゾッホ 毛皮を着たビーナス

神保町でこの本を100円で拾って靖国神社で読んだ。

思想的爆破工作であった。

 

・厳家棋ら 文化革命十年史(下)

文革は後半になってくると勢いがなくなってくる。

四人組は独創性が全くない。

それで処刑された。

 

川端康成 雪国

全体的に性交渉の話。

 

司馬遼太郎 アメリカ素描

初めて司馬の文章を読んだ。

歴史文学には興味ないけど、彼がベトナムを書いたのがあるとのこと。

 

ダーウィン ビーグル号世界周航記

銅版画が美しい。

清涼であった。

 

吉松隆 調性で読み解くクラシック

読み易い。よく分かる。

 

柴田南雄 グスタフ・マーラー

 マーラーの横顔はルー・リードに似ている。

二人とももう死んでしまった

 

加賀乙彦 死刑囚の記録

加賀乙彦が大久保で幼時を過ごしたのを知った。

死刑囚の精神、もとい行動の観察録。

精神科医の文章ではない、あえて言うなら、やはり作家の文章。

おそらくは本人も自覚している。

 

カルヴィーノ 見えない都市

訳にロマンがなかった。最後まで読まず。

 

サン=テグジュペリ 夜間飛行

人間の官僚化と個人の英雄について

 

・林修三 新憲法手帖

本来の意味での、保守的な人間が書いた憲法の話。

昭和55年の本。

 

・オコナー 賢い血

友人に貸してもらった。

アメリカである、そして狂気だ。

 

・アイゼンク 精神分析に別れを告げよう

分析はもうダメだという話。

容赦ない。

 

臺弘 誰が風を見たか

戦前ー学園紛争までの日本の精神医学の渦中録。

従軍録でもある。歴史的。

 

・秋元波留夫 AUM科学的記録

叙事記録に留まっているように思う。

背筋の凍るような秋元波留夫ではない。

 

中村禎里 日本のルイセンコ論争

この本があったことに感動である。

そしてまだ刷っているみすず書房は偉い。

 

チョムスキー 言語と精神

よく分かんなかった

 

・竹内実 毛沢東

毛沢東自身よりは、中国現代史の全体に興味がある、なぜかはよく分からない。

何か幼少期に原因があるような気はしているが

 

魯迅 故事新編

骨の髄まで大陸である。

 

あとは医学関係の技術書が10数冊と

読みかけの本が数冊ある

 

 

 

 

tourette症候群について  中井久夫 「昭和」を送る

 

 

 

 

「童顔の名残を残す色白の丸顔の少年である。彼は絶叫した。

ウオーッという叫びの中に「womakooooo」という言葉が隠されていた。

これは関東方言で女性性器のことだが、

さいわい関西で育った私には羞恥で身も世もあらぬ思いになることはない。

身をよじるような羞恥反応はなぜか方言の範囲を出ないのである。

ちなみにこの関東方言は『大辞林』には初版から掲載されているが

広辞苑』は第五版にもみあたらない。」

 

 

 

「昭和」を送る

 

 

 

 

ごく個人的な体験   大江健三郎 「個人的な体験」

 


これから一ヶ月で100回は好きな食べ物を聞かれると思うが、

好きと言っても、

一人で食べるのかみんなで食べるのか、
自分で作るのか外食するのか、
たまに食べるのか毎日食べるのか、

色々な観点がある訳で、一言じゃ言えないよね。

 

「好きな食べ物は苺です。」で万事OKな人もいるだろうけれど。

 

これまでは「ハラムチョッパです」とか「建腑回老湯です」とかその都度お茶を濁してきたが、それもそろそろ飽きてきたので困っている。

 

 

個人的な体験